金券ショップ アクセスチケット.comは金券買取¥30万以上で送料無料!!・振込手数料一律¥100!!
金券ショップ アクセスチケット.comは姉妹店金券ショップ アクセスチケットと金券の売買価格が異なります。
金券ショップ アクセスチケット各店の店頭では当サイトレートでの金券売買は一切お受けできません。
(お電話でレートのお答えは行っておりませんので、ご注意ください)
通販で格安チケットのご購入は アクセスチケットオンラインショップをご利用ください。

金券・株式優待券を売る

金券・株式優待券を買う

フリーキーワード検索

仕分けのお願い

切手・テレホンカードをご売却される際は、仕分けをお願いしております。詳しくは下記をご参照ください

切手の場合 テレホンカードの場合

カレンダー

ご売却のお客様

ご購入のお客様

● 金券買取の注意事項

HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

各金券の買取価格は弊社保有在庫枚数および各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

有効期限切れのチケット、使用済みのチケットなど、使用できないチケットは買取できません。

アクセスチケット店頭買取は各金券を現金にて買取いたします。

当サイト記載の各金券を1枚から高価買取致します。

当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

未成年の方からの金券買取は行っておりません。

同一の商品で券(紙面)タイプとカードタイプのものがある場合には、カードタイプのものは買取しておりません。

はがき(ハガキ)・年賀状・レターパック買取なら高価・高額買取の「金券ショップアクセスチケット」へ

はがき(ハガキ)・年賀状・レターパックを売るなら、他社より圧倒的に高く買取するアクセスチケットへ!

はがき(ハガキ)・年賀状・レターパックに眠る価値を見出し、他社より高く買い取ります

店舗に持ち込む店頭買取、日本全国からご送付いただける郵送買取ともに充実したサービスをご用意いたします。

はがき(ハガキ)・年賀状・レターパックの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

はがき(ハガキ)・かもめ~る
商品名 買取価格 備考
通常ハガキ(新額面63円)
普通紙・インクジェット
4,000枚完箱
¥57 ※買取価格は1枚単位になります。
※30万円以上はお問い合わせ下さい。
⇒メールはこちら
通常ハガキ(新額面63円)
普通紙・インクジェット
200枚完封
¥56 ※買取価格は1枚単位になります。
※30万円以上はお問い合わせ下さい。
⇒メールはこちら
通常ハガキ(新額面63円)
普通紙・インクジェット
バラ
¥49 ※買取価格は1枚単位になります。
※30万円以上はお問い合わせ下さい。
⇒メールはこちら
往復ハガキ(新額面126円)
100枚完封・2000部完箱
¥100 ※買取価格は1部単位になります。
※30万円以上はお問い合わせ下さい。
⇒メールはこちら
往復ハガキ(新額面126円)
バラ
¥90 ※買取価格は1部単位になります。
※30万円以上はお問い合わせ下さい。
⇒メールはこちら
喪中ハガキ(新額面63円)
200枚完封・4000枚完箱
¥45.0 ※買取価格は1枚単位になります。
※30万円以上はお問い合わせ下さい。
⇒メールはこちら
喪中ハガキ(新額面63円)
バラ
¥43.0 ※買取価格は1枚単位になります。
※30万円以上はお問い合わせ下さい。
⇒メールはこちら
各種かもめ~る 買取レートはこちら -
※大量のハガキのバラにつきましては、お振込までお時間を頂く場合がございます。
予めご了承ください。
年賀状(年賀はがき)
商品名 買取価格 備考
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
四面連刷無地 1,000部完箱
(定価252,000円)
¥200 ※着払いサービスは終了しました。
※年賀状発送先:〒107-0052 東京都港区赤坂3-18-7 土橋ビル6階
※買取単価は1枚単価になります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
四面連刷無地 200部完封
¥200 ※買取単価は1枚単価になります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
四面連刷無地 バラ
¥200 ※買取単価は1枚単価になります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
普通紙(無地) 4,000枚完箱
¥52.29 ※着払いサービスは終了しました。
※年賀状発送先:〒107-0052 東京都港区赤坂3-18-7 土橋ビル6階
※買取単価は1枚単価になります。
※店頭買取とは異なります。
※完箱複数口のご郵送の場合は、伝票に全体の口数と何口目かを記入してください。
例:2個口の場合。1箱目の伝票に1/2、、2箱目の伝票に2/2と記入。


〒107-0052
東京都港区赤坂3-18-7 土橋ビル6階
TEL:03-3505-5305
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
インクジェット 4,000枚完箱
¥52.29 ※着払いサービスは終了しました。
※買取単価は1枚単価になります。
※店頭買取とは異なります。
※完箱複数口のご郵送の場合は、伝票に全体の口数と何口目かを記入してください。
例:2個口の場合。1箱目の伝票に1/2、、2箱目の伝票に2/2と記入。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
普通紙(無地) 200枚完封
¥52.29 ※買取単価は1枚単価になります。
※店頭買取とは異なります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
インクジェット 200枚完封
¥52.29 ※買取単価は1枚単価になります。
※店頭買取とは異なります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
ディズニー 4,000枚完箱
¥52.29 ※着払いサービスは終了しました。
※年賀状発送先:〒107-0052 東京都港区赤坂3-18-7 土橋ビル6階
※買取単価は1枚単価になります。
※店頭買取とは異なります。
※完箱複数口のご郵送の場合は、伝票に全体の口数と何口目かを記入してください。
例:2個口の場合。1箱目の伝票に1/2、、2箱目の伝票に2/2と記入。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
ディズニー 200枚完封
¥52.29 ※買取単価は1枚単価になります。
※店頭買取とは異なります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
絵入り(寄付金付) 100枚完封
¥52.29 ※買取価格は1枚単位になります。
※店頭買取とは異なります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
広告付 100枚完封
¥52.29 ※買取価格は1枚単位になります。
※店頭買取とは異なります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
インクジェット写真用 10枚完封
¥50.4 ※買取単価は1枚単価になります。
※店頭買取とは異なります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
無地・インクジェット・ディズニー バラ
¥50.4 ※店頭買取とは異なります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
絵入り(寄付金付) バラ
¥50.4 ※店頭買取とは異なります。
2021年(令和3年) 年賀状(年賀はがき)
広告付 バラ
¥50.4 ※店頭買取とは異なります。
※大量のハガキのバラにつきましては、お振込までお時間を頂く場合がございます。
予めご了承ください。
その他ハガキ・レターパック
商品名 買取価格 備考
旧ハガキ(額面63円)
100枚・200枚完封
旧年賀状・旧かもめ~る含む
¥49 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ(額面63円)
バラ
旧年賀状・旧かもめ~る含む
¥48 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ(額面62円)
100枚・200枚完封
旧年賀状・旧かもめ~る含む
¥47 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ(額面62円)
バラ
旧年賀状・旧かもめ~る含む
¥46 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
書き損じハガキ(額面63円)
バラ
¥48 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ 書き損じハガキ(額面62円)
バラ
¥46 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ(額面52円)
100枚・200枚完封
旧年賀状・旧かもめ~る含む
¥40 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ(額面52円)
バラ
旧年賀状・旧かもめ~る含む
¥39 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ 書き損じハガキ(額面52円)
バラ
¥39 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ 書き損じハガキ(額面50円)
100枚・200枚完封
¥38.5 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ 書き損じハガキ(額面50円)
バラ
¥38 ※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧往復ハガキ(額面124円)
100枚完封
¥94 ※買取価格は1部単位になります。
旧往復ハガキ(額面124円)
バラ
¥88 -
旧往復ハガキ(額面104円)
100枚完封
¥72 ※買取価格は1部単位になります。
旧往復ハガキ(額面104円)
バラ
¥72 -
旧ハガキ 書き損じハガキ(額面20円~41円)
完封・バラ
50.5% ※買取価格は1枚単位になります。
※旧年賀・旧かもめーる含む
※両面とも印刷や書き損じがあるものは、買取不可
※額面の仕分けのないものは、着払いにて返送させて頂きます。
旧ハガキ 書き損じハガキ(額面20円未満) 買取不可 -
ミニレター(63) ¥50
スマートレター(180) ¥145 -
レターパック(370・ライト)
200枚完箱
¥344.1 ※封が剥がれたものはバラ扱い
※買取価格は1枚単位になります。
レターパック(370・ライト)
バラ・20枚完封
¥344.1 ※封が剥がれたものはバラ扱い
※買取価格は1枚単位になります。
レターパック(520・プラス)
200枚完箱
¥470 ※封が剥がれたものはバラ扱い
※買取価格は1枚単位になります。
レターパック(520・プラス)
バラ・20枚完封
¥470 ※封が剥がれたものはバラ扱い
※買取価格は1枚単位になります。
レターパック(360・ライト)
バラ・20枚完封
¥305 ※封が剥がれたものはバラ扱い
※買取価格は1枚単位になります。
レターパック(510・プラス)
バラ・20枚完封
¥425 ※封が剥がれたものはバラ扱い
※買取価格は1枚単位になります。
レターパック(350) 買取不可 -
レターパック(500) 買取不可 -
エクスパック 買取不可 -
はがき(ハガキ)の買取の注意事項

ハガキ(はがき)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

一度に大量のハガキ(はがき)をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はハガキ(はがき)の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

ハガキ(はがき)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

アクセスチケット店頭買取はハガキ(はがき)を現金にて買取いたします。

当サイト記載のハガキ(はがき)を1枚から高価買取致します。

当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

未成年の方からの金券買取は行っておりません。

日本最初の郵便はがき

わが国最初の郵便はがきは、明治6(1873)年12月1日に発行されました。オーストリアで世界最初のはがきが発行(1869年)されてから、わずか4年後のことです。

形状は今日の往復はがきのような二つ折りで、普通はがきとしては世界にあまり例がありません。

これは当時、厚手洋紙の製造技術を持たなかったため、薄手の洋紙を折り重ねて強度を増そうとしたためです。

宛先を記す第1面には、料額印面と紅色の枠、通信文を記す第3面には、5行の罫線が入っています。第2面は白紙でしたが、ここに通信文を筆書きして裏面の料額印面を汚したり、宛名が不明瞭になって不便が生じるケースが続出しました。

面ヘハ決シテ文字等ヲ不可認事」等の規則書きが入ったはがきが間もなく発行されました。

はがきの詳細情報

はがきは、手紙の形態のひとつであり、郵便葉書きの略です。

郵便約款で定められた規格・様式に基づき、郵便料金を示す証票が印刷された通信用紙(官製はがき)です。

封筒を用いずに宛先と本文を直接用紙に書き込み、そのまま投函することが出来ます。

書き損じてしまった郵便はがきは、郵便局にて交換をすることが可能です。

書き損じた郵便はがきを郵便局に持っていき、所定の手数料をお支払いください。

通常はがきでを交換する場合であれば、交換できる品物は「通常切手」、「くじ引き番号の付いてない郵便はがき」、「郵便書簡」、「特定封筒(レターパック封筒)」です。

はがきの種類

絵入りはがき

各地の代表的な風景・風物のほか、最近では、ディズニーキャラクター、ハローキティ、ポケモンやドラえもんといった人気キャラクターもあります。

エコーはがき

はがきの一部に広告が印刷されていて、その広告料で1枚あたり5円安い低価格のはがき。

5円お徳な「エコノミー」と、広告効果が「山びこ」のように広がるという意味が込められているそうです。

用紙は非木材紙等を使用しています。

四面連刷はがき

大量に印刷する場合に便利なように、はがきを縦横2枚ずつ並べて4枚を連刷したものです。

通常はがきの他、年賀はがき、暑中見舞用郵便はがきがあります。

郵便物として差し出すときは必ず4枚に切り離す必要があります。

なお、切り離した際の1枚あたりの大きさの目安は 「縦148mm×横100mm」としてください。

くぼみ入りはがき

目の不自由な方が使いやすいように、はがきの表面左下部に半円形のくぼみを入れ、上下・表裏がすぐ分かるようにしたはがき。

通常はがきの他、年賀はがき、暑中見舞用郵便はがきがあります。

往復はがき

発信用と返信用がつながって1枚になっているはがき。

二つ折りの状態で投函し、返信は切り離して投函します。

また、往復はがきの中央を折っていないので、そのまま印刷やコピーがかけられる折らない往復はがきもあります。

投函するときは、二つ折りの状態です。

折らない往復はがき

往復はがきの中央を折っていないもの。

そのまま印刷やコピーにもかけられ、印刷するのにも便利です。投函するときは、二つ折りの状態です。

けい線入りはがき

けい線の入ったはがきで、縦けいと横けいの2種類があります。

通常インクジェットはがき

インクジェットプリンタの水性インキが小さなドットですぐ乾く性質を持った特殊なコートが、紙の表面に施されているはがき。

通常はがきの他、年賀はがき、暑中見舞用郵便はがきがあります。

国際郵便はがき

エアメール(航空便)専用の国際郵便はがきで、世界各国へ均一料金で送ることができます。

日本文化をテーマにした絵を裏面に印刷した「国際絵入り郵便はがき」もあります。

お年玉付郵便はがき(年賀はがき)

年賀状用として発行している郵便はがき。

寄附金なし(無地)と寄附金付(絵入り)2種類があり、寄附金付には、全国版と地方版があります。

暑中見舞用郵便はがき

暑中見舞用の郵便はがき。無地と絵入りがあります。

はがき印刷の用紙種類について解説!官製はがきと私製はがきの違いとは?

官製はがきは切手を貼り付ける必要がない

官製はがきと私製はがきの大きな違いは、なんといっても料額印面の有無です。

官製はがきには、切手と同等の効果を持っている料額印面がすでに印刷されているため、はがきと別に切手を購入する必要がありません。

官製はがきの料額印面の柄には、ヤマユリと山桜と胡蝶蘭の3種類があります。

一方で、私製はがきには料額印面の印刷がないため、はがきと別に切手を購入して貼り付ける必要があります。

官製はがきはデザインがシンプルで、装飾がほとんどありません。

そのため、地味なデザインの官製はがきとの違いを出そうと、私製はがきではデザインが工夫されていることが多いです。

絶景や名画、肖像などが描かれたはがきは、ポストカードと呼ばれ、一般的に親しまれていますね。

官製はがきは料額印面の柄が3種類しかありませんが、私製はがきの場合は、切手のデザインを選べます。

自分好みのはがきでメッセージを送りたいときは、私製はがきを使ってみるのが良いでしょう。

私製はがきと官製はがきには、それぞれのメリットや魅力があるため、送り先やシチュエーションに合わせて使い分けると良いですね。

官製はがきという言葉はもう使われていない

官製はがきという言葉は、郵便事業が国家事業であった頃に使われていました。

その頃は、政府が作ったはがきを官製はがき、民間の印刷業者または個人が作ったはがきを私製はがきと呼び分けていましたが、今では郵便事業は民間化されており、政府ははがきを作っていません。

今では公社的事業としてはがきが発行されており、私製はがきと区別して、郵便はがきという呼ばれ方をしています。

そのため官製はがきという呼び名は今ではもう正しくはありませんが、昔の呼び方の名残から、つい郵便はがきを官製はがきと呼んでしまっても、問題なく意味は通じるでしょう。

呼び方は違いますが、官製はがきと郵便はがきは同じものであると考えて問題はありません。

柄は、ヤマユリまたは胡蝶蘭の2種類からお選びいただけます。

郵便はがきになっても、料額印面の柄は変わらないのですね。

ページトップ