金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

アクセスチケット新潟店

金券ショップ アクセスチケット新潟店 写真1金券ショップ アクセスチケット小田原店 写真2

住所

〒950-0916
新潟県新潟市中央区米山1-1-11

JR信越本線、白新線、越後線 新潟駅 南口 徒歩2分

金券ショップ アクセスチケット新潟店

営業時間

10:00~19:00
水曜定休
12/30は営業時間を10:00~14:00とさせて頂きます。
12/31~1/2 休業

主な取扱商品

【各種商品券、株主優待券】
マックバーガー券、マックポテト券、マックドリンク券、JAL株主優待券、ANA株主優待券、JR東日本株主優待券、吉野屋株主優待券、ゼンショー株主優待券、ワタミ株主優待券、第一興商株主優待券、ハイデイ日高株主優待券、全国百貨店共通商品券、JCB1000、セブンアイ1000、イオン1000、ダイエー1000、ドンキホーテ1000、西友1000、ビール券、ジェフグルメ、おこめ券、白洋舎3割引株主優待券、ノジマ株主優待券、西松屋株主優待券、タイムズ(200、500)、アダストリア株主優待券

【新潟発着新幹線】
東京(上野)、大宮、燕三条、長岡、越後湯沢

【プリカ】
図書カード500、1000、2000、3000、5000
QUOカード500、1000、2000、3000、5000
テレカ50、50×10、105、ディズニー柄テレカ50

【青春18きっぷ】
1回~5回

【各種はがき、切手】
収入印紙200×10、普通はがき52×10、往復はがき×10、懸賞はがき52×10、レターパック510、レターパック360、普通切手2×10、普通切手10×10、普通切手52×10普通切手82×10、普通切手92×10、普通切手140×10、記念切手50×10、記念切手80×10、かもめーる、年賀はがき

【各種レジャー券】
ディズニーランド、ディズニーシー、サンリオピューロランド

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に
持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)

郵送買取の手順、送付先については、
こちらのページをご確認下さい。
※店舗での郵送買取は行っておりませんので
ご注意下さい。

買取入金時の差引振込手数料は一律108円!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

上越新幹線をより便利に!お得に

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、新潟県新潟市にあるアクセスチケット新潟店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ

町(新潟県 新潟市)の豆知識

新潟市

新潟市(にいがたし)は、新潟県の北東部の都市で、同県の県庁所在地。
中部地方(東海・甲信越・北陸)の9県の中で、人口は名古屋市に次ぐ都市である[1]。本州の日本海側では唯一の政令指定都市である。
新潟県は地理的に4つの地域に分けられるが、新潟市は下越地方に属する。日本一長い川である信濃川は新潟市で日本海に注ぐ。

概要

1889年(明治22年)4月1日の市制によって設置された市のうちの1つ。
市の中心部にあたる信濃川河口部には、古くから港が開かれ、幕末の日米修好通商条約開港五港の1つとなった。現在でも水陸の交通の要衝である。
2005年の広域合併によって人口が81万人を突破し、2007年(平成19年)4月1日に、本州日本海側では初めての政令指定都市に移行した。
市域には北区、東区、中央区、江南区、秋葉区、南区、西区、西蒲区の8行政区が設けられ、市役所をはじめとする市政の中枢機能は中央区に置かれている。
1950年代まで、信濃川左岸の新潟島中心部には堀が張り巡らされ、それに沿って柳が植えられていた。
そのため、「水の都」「柳都(りゅうと)」などの異名を持つ。また、多数の漫画家を輩出していることや、バイパス網が発達していることで知られる。
萬代橋、NEXT21、朱鷺メッセ、デンカビッグスワンスタジアムがシンボル的存在となっている。

地理

新潟の地は越後平野に位置している。
信濃川と阿賀野川が日本海に流れ込む場所で、河川の流域には低湿な平野と数多くの潟湖が、また海岸線に沿って新潟海岸と新潟砂丘と呼ばれる砂丘が形成されている。
郊外には湿田や潟湖を干拓した広大な水田が広がる一方、現在でも鳥屋野潟や佐潟、福島潟などの潟湖が残されている。
このうち佐潟については1997年(平成9年)に、ラムサール条約登録湿地となっている。

歴史

古代
現在の新潟市域における人々の営みの始まりは、約2万年前の旧石器時代に丘陵と山麓を中心に始まった。
古墳時代前期にはヤマト王権の勢力下にあり、647年(大化3年)には北方の蝦夷支配の拠点として渟足柵が設置された。
奈良時代が始まる8世紀前半、国―郡―郷を単位とする地方制度が整った。信濃川の河口には蒲原津があり、蒲原津は越後国の国津として人や物資の集まる交通の要所となった。
新津丘陵では須恵器や鉄の生産が始まり、信濃川左岸の低地ではサケの漁獲・加工が行われた。また、海岸砂丘地帯では塩が作られた。
中世

戦国時代の1520年(永正17年)に「新潟」という地名が記録に出てくるようになる。
新潟津は信濃川河口左岸にあり、蒲原津・沼垂湊と合せて、当時「三か津」と呼ばれた。新潟津が現れてから蒲原津は衰え、新潟津が信濃川・阿賀野川河口の中心的な湊となった。
1580年(天正8年)。阿賀北(阿賀野川以北)の武将、新発田重家が新潟津を占拠し、上杉景勝(上杉謙信の後継者)との抗争が始まったが、
1586年(天正14年)、新発田方に味方していた新潟・沼垂の町民たちが上杉方へ寝返り、上杉方は新潟・沼垂を制圧することができた。
新潟津を失った新発田氏は翌1587年(天正15年)に滅ぼされ、越後国は上杉景勝によって統一された。

近世

1598年(慶長3年)、上杉景勝は豊臣秀吉の命令で会津(福島県)への国替えとなり、新潟湊は長岡藩領、沼垂湊は新発田藩領となった。
長岡藩は新潟に新潟町代官を設置し新潟町となる。
その後、信濃川・阿賀野川河口部の地形が変化し、新潟湊は1655年(明暦元年)に信濃川左岸、現在の古町の地に移転した後に1676年(延宝4年)に長岡藩によって新潟町奉行が設置された。
同じ時期に越後平野の生産力が増加し。北前船の西回り海運が安定する時期までに移転を終えた新潟湊は、1697年(元禄10年)には、日本海側屈指の湊に発展していた。
1768年(明和5年)、長岡藩による御用金を原因とする一揆である新潟明和騒動が発生。
江戸時代後期、新潟湊では唐物(中国製品)と俵物(北海道製品)の密輸が行われていたことから幕府は密輸を摘発。1843年(天保14年)に新潟町を幕府領にした。(新潟上知)
1858年(安政5年)の日米修好通商条約で、開港5港の一つとして新潟湊は日本海側における開港場となった。
しかし、1868年(慶応4年)、新政府軍と旧幕府側との間に戊辰戦争が勃発。同年7月の北越戦争で新潟町は戦場になり、戦災で市街地を焼失した状態で明治維新を迎えた。
近代

新潟港は、1869年1月(明治元年11月)に開港。1870年(明治3年)に県庁所在地となり、白山公園の開設や第四銀行の設立、新潟県会の開設など近代化が進められた。
また、1870年(明治3年)に長岡藩の支藩の三根山藩は、戊辰戦争で困窮していた長岡藩に救援米百俵を贈った。
新潟町は1879年(明治12年)に寄居村を編入して新潟区となり、1889年(明治22年)には新潟区と関屋村が合併して市制施行し、新潟市となる。
当時の市域は「新潟島」に相当する。明治30年代に新津油田の機械掘削が本格化。
大正期に新津町は「石油の町」として栄えて国内最大の油田となり、新潟市・沼垂町では石油産業が発達した。
1931年(昭和6年)に上越線が全通。翌1932年(昭和7年)には、中国東北部に「満州国」が建国される。
新潟港は東京から鉄道で最も近い日本海側の港となり、政府は政府命令航路である新潟発着の日満航路を開設。新潟港は対岸進出の拠点港になった。
1941年12月の真珠湾攻撃によって開戦した太平洋戦争の戦局が悪化し、
1945年(昭和20年)8月11日、原子爆弾が投下されるおそれが高いとして市民に緊急疎開が布告され、市街地は無人に近い状態で終戦を迎えた。
現代

太平洋戦争が終結した10年後の1955年(昭和30年)、新潟大火が発生。1964年(昭和39年)6月、マグニチュード7.5の新潟地震が発生した。
また、天然ガス採取によって新潟島をはじめとする中心部の地盤が沈下し、阿賀野川流域では有機水銀中毒(新潟水俣病)が発生。1985年(昭和60年)までに690人が患者と認定された。
高度経済成長期は災害からの復興、公害の対策に追われていたが、1963年(昭和38年)に国土開発の一つとし新潟東港の建設が着工。
1969年(昭和44年)に開港し、日本海側の貿易中枢港となった。
1973年(昭和48年)に新潟空港にハバロフスク線が開設し、北東アジアを中心に国際線が増加。
1982年(昭和57年)に上越新幹線が開通。また、1997年(平成9年)までに関越自動車道・北陸自動車道・磐越自動車道が全線開通し、高速交通網の日本海側の結節点となった。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)


金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ