金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

アクセスチケット 町田店

金券ショップ アクセスチケット 町田店 写真1金券ショップ アクセスチケット 町田店 写真2

住所

〒194-0013
東京都町田市原町田6-8-1
町田駅中央口・南口 徒歩3分

金券ショップ アクセスチケット 町田店map

営業時間

11:00~19:00
※7/16(土)はメンテナンス休業いたします
12/30は営業時間を11:00~14:00とさせて頂きます。
12/31~1/2 休業

主な取扱商品

図書カード、図書券、ビール券、テレホンカード、おこめ券、クオカード、タクシー券、各種商品券、全国百貨店共通商品券、各種プリペイドカード、各種株主優待券、JR券、新幹線回数券、各種チケット、各種旅行券、航空券、お酒・ウィスキー券、お食事券、映画券、レジャー券、入浴券、その他ギフト券、収入印紙・切手

・コンサートチケット、演劇チケット
・美術館チケット
・巨人戦チケット
・小田急百貨店10%割引券
・京成スカイアクセス

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に
持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)

郵送買取の手順、送付先については、
こちらのページをご確認下さい。
※店舗での郵送買取は行っておりませんので
ご注意下さい。

買取入金時の差引振込手数料は一律108円!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、東京都町田市にあるアクセスチケット町田店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ

町(東京都 町田市)の豆知識

概要

多摩川以南に位置する商業都市で、人口は東京都内では東京23区・八王子市に次いで3番目(市町村では2番目)に多い。
東京都に位置する自治体としては島嶼地域を除くと最南部に位置する。
国道246号・東名高速道路(京王相模原線・東急田園都市線・小田急線)と国道16号(横浜線)が交差する地域。
1960年代以降ベッドタウンとして発達したが、依然市内各所で農業が行われている。
バブル経済期以後には、東京都区部からの私立大学の転入が進み、市内には現在も私立大学や一貫校が点在するなど、「青年の街」の色も見られる。
細長い市域全体が神奈川県側に大きく突出しており、東京都内の隣接自治体である多摩市や八王子市とは同じ南多摩地域にありながら丘陵で隔てられていることから、
もっぱら神奈川県域との交流が盛んであり、交通インフラや経済などの面では神奈川県の一部と扱っている場合もある。
日本で唯一、3つの政令指定都市(すべて神奈川県の横浜市・川崎市・相模原市)に接している自治体でもある。

地形

市域の大部分が多摩丘陵に属し、地形的には同丘陵の北部、相模原台地の北東の縁であり、ほとんどが丘陵地帯である。
最高地点は西端にある草戸山(標高364m)。平地は町田駅付近や西および南を流れる境川・ほぼ中央を流れる鶴見川とその支流恩田川近辺など少ない。
ほぼ町田街道を分水嶺に、北側が多摩川水系および鶴見川水系、南側が境川水系である。
周囲は、東京都の他市に接しているのは北側のみで、神奈川県に接している部分のほうが多く、神奈川県側に半島状に付き出した特異な位置にある。
また、大地沢あたりを銃口、三輪あたりを引き金と見立てると、市域は拳銃の形をしている。

商業地

東京都区部の南西30 - 40km圏に位置し、1960年代初頭より東京都区部郊外のベッドタウンとして開発され発展。
町田駅を中心とした原町田地区は、小田急線沿線および横浜線沿線を代表する繁華街で、百貨店や専門店等が多く林立する一大商業ゾーンとして著しく発展しており商業都市の一面も持つ。
国道16号・246号線や鎌倉街道などにより東西方向・南北方向との道路交通の便もよく、神奈川県北部も含んだ多摩地域南部(南多摩地域)の商業の中心地である。
飲食産業はここ数年で立川市と共に成長している。南多摩地域・相模原市・横浜市北部・川崎市西部・座間市・大和市などを含む商圏人口200万人とも言われる相武経済圏の中心的な役割を、
共に業務核都市として指定を受けている相模原市の相模大野などと共に負っている。

市内や近辺には大学や短大、高校が多く、町田駅付近の繁華街は学生を中心とした若者の街に変わりつつある。
前述したように南多摩地域や相模原市など周辺地域にとって中心商業地としても発展しており、地元にいながら渋谷や原宿、秋葉原などの文化を感じ、楽しむことができる場所として、
「西の渋谷」、「西の秋葉原」(この場合の西とは東京西部と言う意味)などと呼ばれることも多く、
実際に109など若者向けの衣料品店や飲食店、ゲームセンター、アニメ・漫画・ゲーム専門店などが多く、近隣では少ないメイド喫茶も出店されている。
また、それら商業施設は駅周辺のビルのテナントとしてだけでなく、周辺の各商店街にも多く存在し、乾物屋などを中心とした町田街道絹の道以前からの活気あふれる商店街に溶け込み、
独特の雰囲気を持つ繁華街を作り上げている。

治安

2000年頃から、新宿付近地区の風俗規制強化により、新宿地区で営業していた業者が町田駅前繁華街へ移転する動きがあり、
2000年の犯罪発生件数(刑法犯認知件数)が9879件まで増加し、西の歌舞伎町とも呼ばれるようになった。これは周辺に風俗業が多い繁華街が無く、
新宿から直通電車で30 - 40分程度という好立地による。
しかし繁華街はこれらを含めた風俗店と他の店舗が混在しており、手当たり次第な客引き等の迷惑行為が社会問題化し、
条例による客引き行為の部分規制や住民による自主的なパトロール、さらには民間交番の設置 [1] や警察活動拠点の拡充等が行われ治安は改善の兆しをみせ、
その結果、2012年の犯罪発生件数は4493件と、2000年当時の半分以下にまで減少した。
町田市の急速な人口増加や繁華街の賑わいにも関わらずこれまで警察署の増設は行われず、警察官1人当たりの市民数は都内平均の2倍であった。
町田駅前繁華街の発展や渋谷・歌舞伎町化に伴う犯罪率の上昇も加わり治安が悪化し、警察官不足は深刻である。
これに対応し、町田警察署管内の北西部にある忠生地域の警察活動拠点として日本最大級の交番として忠生地区交番を設置し、
市北西部の相原町、小山町、小山ヶ丘の管轄を新設の南大沢警察署(八王子市南大沢)に移管、町田警察署の負担軽減を図ることになった。

住宅・道路開発

旧鎌倉街道沿いの旧宿場町(本町田の宿・一色地区や小野路宿など)や近代以降の原町田近辺など一部地域を除き、未開発の土地が多く残されていた。
1960年代の旧公団・公社等による団地開発以来を発端として、小田急などによる都心他へのアクセスの良さも注目されてベッドタウンとして急速に開発が進み、
現在でも丘陵や斜面を宅地造成した一戸立て住宅の建売(駅至近では中高層マンション)などによる開発が盛んである。
しかし、無計画に宅地造成がされた地区も多く、そういった場所では旧来からの狭い道路や行き止まりなどがあり、
自動車がこれを避けて鎌倉街道や町田街道等の幹線道路へ集中するが、拡幅工事が未完了で未拡幅区間がボトルネックとなり、幹線道路への流入車が毎日のように渋滞を引き起こす。
特に都県境部分では整備が遅れているほか、山や丘の両面から開発された場所の道路未接続も多い。
市内には、UR都市再生機構(旧日本住宅公団)や東京都住宅供給公社の大規模団地を初めとした、大小様々な団地や集合住宅が点在する。
これら団地の住民数は、町田市の人口総数の1割以上を占める。現在では団地住民の定住化と共に少子高齢化が進み、
それら団地を中心とした学区域の小学校では合併や廃校が行われると同時に、新興住宅地では新設も行われている。
同時に、政策として「車椅子で歩ける街づくり」を進めるなど社会福祉が充実し、各地から視察団が訪れる。
1980年代からは、薬師台などに見られるように、土地区画整理事業により大手デベロッパーを中心とする景観を重視した計画的な宅地開発が行われ、
21世紀に入り、景観法と町田市景観条例に基づき、市民、事業者、行政の協力による景観づくり[1] が重視されてきた。

利用可能な交通

鉄道

小田急町田駅
JR町田駅

京王相模原線
- 多摩境駅 -
小田急小田原線
- 町田駅 - 玉川学園前駅 - 鶴川駅 -
東急田園都市線
- 南町田駅 - すずかけ台駅 - つくし野駅 -
横浜線
- 相原駅 -(この間相模原市)- 町田駅 - 成瀬駅 -
中心となる駅:町田駅
主要部へのアクセス

日中の東京・横浜方面への所要時間は以下のとおりである。なお、朝夕の通勤時間帯には5 - 15分程度所要時間が余計にかかる。
東京方面
町田 - 新宿(平日日中時 小田急線快速急行で約30分)
町田 - 下北沢乗換 - 渋谷(小田急線快速急行+京王井の頭線急行で約30分)
町田 -長津田乗換 - 渋谷(横浜線快速+東急田園都市線急行で約40分)
町田 -新宿乗換- 東京(小田急線快速急行+JR中央線快速電車で約50分)
横浜方面
町田 - 新横浜(JR横浜線快速で約20分)
町田 - 横浜(JR横浜線快速で約30分)
バス
詳細は町田バスセンター参照。市内の路線バスは、神奈川中央交通が全域にわたって運行しており、他社の乗り入れは少ない。
神奈川中央交通
町田営業所
町田BC・BT・駅、鶴川駅と山崎団地、藤の台団地、鶴川団地が主要地。
大和営業所
市南部の金森、成瀬、鶴間地区が主要地。金森地区コミュニティバスも担当している。
相模原営業所
相模原市方面の路線を主に所管。
多摩営業所
市西部の常盤、多摩境周辺と、古淵駅発着路線、鶴川駅からの多摩市方面の路線を主に所管。
三ヶ木・城山操車所
市西部の相原周辺の路線を主に所管。
その他
小田急バス 町田営業所
鶴川駅、鶴川団地が主要地。また、玉川学園コミュニティバスも担当している。
京王バス南 南大沢営業所・多摩営業所
多摩市・八王子市との境界付近を数路線がわずかに乗り入れている。
※2006年まで京王電鉄バスが鶴川駅に発着していたほか、2011年まで小田急バスが町田バスセンターに発着していたが、いずれも廃止された。
空港へのアクセス・高速バス
町田バスセンターから、羽田空港(神奈川中央交通・京浜急行バス)および成田空港(神奈川中央交通・京成バス)へ、それぞれ空港連絡バスが頻発して運行されている。
また、都市間高速バスとして、大阪駅行、富士急ハイランド・河口湖駅行、三井アウトレットパーク木更津行の昼行高速バスが運行されているほか、
京都駅・大阪駅・USJ行、広島駅行の夜行高速バスが運行されている。
以前は奈良駅行も運行されていたが、奈良交通の路線再編により経由しなくなった。また、盛岡駅行も運行されていたが、2016年3月末で廃止された。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)


金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ