ニセコビレッジ スキーリゾート リフト券 を高価買取します。

ニセコビレッジ スキーリゾート リフト券 買取表

金券 - レジャー 買取価格
ニセコビレッジ スキーリゾート リフト券
ニセコビレッジ スキーリゾート リフト1日券 詳細はこちら

ニセコビレッジ スキーリゾート リフト1日券


ニセコビレッジ スキーリゾート リフト券画像1

ニセコビレッジ スキーリゾート

ニセコビレッジは北海道虻田郡ニセコ町にあるスキー場である。
ニセコユナイテッド(ニセコ4山)の中では比較的斜度があり縦に流れるコース構成のゲレンデで、上級者向き。
プリンスホテルがニセコ東山スキー場として運営していたが、2007年3月末にシティグループへ売却・譲渡され、ニセコビレッジとなる。2010年からはマレーシア企業傘下となった。


歴史

・1982年 プリンスホテルによりニセコ東山スキー場としてオープン、ニセコ東山プリンスホテル開業。
・1984年 リフト増設、第2駐車場新設。
・1993年 電子リフトチケットシステム導入。
・1994年 プリンスゴンドラ新設(現ニセコゴンドラ)、ニセコ東山プリンスホテル新館開業。
・2003年 電子リフトチケットシステムリニューアル。
・2005年 老朽化のため2005-2006シーズンから東山ゴンドラを休止。
・2007年 プリンスホテル系(旧コクド含む)の他8スキー場と共にシティグループ・プリンシパル・インベストメンツ・ジャパン株式会社に売却され、その後設立されたウィンターガーデン・リゾーツ株式会社傘下のニセコ東山リゾート株式会社による運営となった。2007-2008シーズンからコース名が「だべさ」「なまら」「みそしる」「じゃがいも」などに変更され、プリンスゴンドラはニセコゴンドラに改称された。
・2008年 このエリアとスキー場はニセコビレッジに改称された。ニセコ東山プリンスホテル新館はヒルトンニセコビレッジとなり、本館はグリーンリーフホテルとなった。
・2010年 マレーシアの建設コングロマリットYTLコーポレーション傘下のYTLホテルズ&プロパティーズ(YTLHP)がニセコビレッジを買収した。


アクセス

・鉄道
JR札幌駅からニセコ駅まで特急ニセコスキーエクスプレスで約2時間。
・車
札幌、新千歳空港から110分


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2015/2/24現在 Copyleft(c)



ニセコビレッジ スキーリゾート リフト券の買取の注意事項

■ニセコビレッジ スキーリゾート リフト券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびニセコビレッジ スキーリゾート リフト券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のニセコビレッジ スキーリゾート リフト券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ニセコビレッジ スキーリゾート リフト券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないニセコビレッジ スキーリゾート リフト券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はニセコビレッジ スキーリゾート リフト券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のニセコビレッジ スキーリゾート リフト券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ