小田原発着新幹線回数券 を高価買取します。

小田原発着新幹線回数券 買取表

金券 - 新幹線回数券 買取価格
小田原発着新幹線回数券
小田原─新大阪(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
小田原─京都(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
小田原─名古屋(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
小田原─静岡(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
小田原発着新幹線回数券 買取

小田原駅

小田原駅(おだわらえき)は、神奈川県小田原市栄町一丁目および城山一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・小田急電鉄・伊豆箱根鉄道・箱根登山鉄道・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。

概要

古くから城下町、東海道の宿場町として栄えた小田原市の中心駅である。神奈川県西部のターミナル駅であり、箱根観光の拠点ともなっている。
当駅は、1920年(大正9年)10月に国府津駅を起点とする熱海線(現在の東海道本線)の終着駅として開業した。その後、1927年に小田原急行鉄道(現・小田急電鉄)、1935年に大雄山鉄道(現・伊豆箱根鉄道)と箱根登山鉄道が乗り入れ、さらに1964年には東海道新幹線の開業と同時に駅が設置され、現在は1日約15万人の利用がある。1987年4月の国鉄分割民営化によって、日本国有鉄道の路線であった東海道新幹線と東海道本線は前者がJR東海、後者がJR東日本と別会社による運営となり、また貨物営業はJR貨物に継承された。
現在は、JR東日本・JR貨物の東海道本線(JR東日本が第一種鉄道事業者、JR貨物が第二種鉄道事業者)、JR東海の東海道新幹線、小田急電鉄の小田原線、箱根登山鉄道の鉄道線、そして伊豆箱根鉄道の大雄山線が乗り入れている。このうち小田急と箱根登山鉄道は相互直通運転を行っている。旅客駅のみであるが同一駅構内の乗り入れ鉄道事業者数5社はかつて日本最多であった[1]。各線とも2003年に完成した橋上駅舎によって結ばれている。
JR東日本東海道本線の駅には、東京駅発着系統と、新宿駅経由で高崎線に直通する湘南新宿ラインの列車が停車するが、後者は原則として当駅までの運転である。なお、運転形態の詳細については「東海道線 (JR東日本)」を参照。新幹線は1日15本(下り8本、上り7本)の「ひかり」と「こだま」が停車する。そのほかは、いずれの路線も当駅終着・始発の列車が多い。
またJR東日本が発行するフリー切符のうち、2012年3月17日から発売される「休日おでかけパス」は、東海道線内当駅までがフリーエリアとなる。

駅構造

小田原駅ホームの番号設定は、乗り入れている鉄道事業者すべてに通しで振られている。 南側から次のようになっている。

1・2番線:伊豆箱根鉄道
3 - 6番線:JR東日本
7 - 11番ホーム:小田急・箱根登山鉄道
(12番ホームは欠番)
13・14番線:JR東海

高架駅の新幹線以外は地上駅である。JR東日本・小田急・箱根登山鉄道は地上3階、JR東海は地上1階、伊豆箱根鉄道は地上2階にそれぞれ改札口・駅事務室がある。小田急と箱根登山鉄道は同一改札内である。
2003年3月30日に橋上駅舎が完成し、同年12月20日に「アークロード」の愛称を持つ東西連絡通路が完成した。これにより連絡通路が完成し、東口・西口間の通行が可能になった。東西自由通路は16メートルの広い幅の通路でエスカレーター・エレベーターが設置されている。自由通路内には小田原市の観光案内所がある。
2005年6月25日には旧東口JR駅舎の跡地に地上5階地下1階の駅ビルが完成し、地上1 - 5階は「小田原ラスカ」としてオープンした。駅ビルの完成に合わせて、東西バスターミナルのレイアウトが変わり、東口にはペデストリアンデッキが設置された。エスカレータ・エレベーター・多目的トイレが構内に設置されている。

東海道新幹線

東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)は、東京駅から新大阪駅までを結ぶ東海旅客鉄道(JR東海)の高速鉄道路線およびその列車(新幹線)である。

多くの列車が山陽新幹線に直通する運行体系がとられていることから、総称して「東海道・山陽新幹線(とうかいどう・さんようしんかんせん)」とも呼ばれる。


全列車停車駅

2011年現在、東海道新幹線内におけるすべての定期旅客列車が停車する駅の概要を記す。いずれも日本の三大都市圏に存在する駅となっている。これらのうちで1964年開業当時以来の主要駅といえるのは、東京駅、名古屋駅、京都駅、新大阪駅である。品川駅は2003年に新設された駅であり、新横浜駅は開業当時は各駅停車のこだましか停車しない駅であった。

 

東京駅
東京駅新幹線ホーム 1914年(大正3年)、新橋駅に代わる首都東京の中央駅として丸の内に開業。以来、東海道本線をはじめとする主要幹線の起点駅となり、上野駅とともに東京の玄関口としての機能を果たしてきた。在来線・新幹線を合わせた1日の列車発着本数は日本一の3,000本。特徴ある赤煉瓦造りの駅舎は国の重要文化財に指定されている。 1964年(昭和39年)の東海道新幹線開業時に起点駅となる。開業時の新幹線ホームは2面3線であった。その後の増発、1991年(平成3年)の東北新幹線乗り入れなどを経て、新幹線だけで合わせて5面10線の巨大ターミナルとなる。このうち、東海道新幹線ホームは3面6線である(右図)。東北・上越・北陸新幹線とレールはつながっていないが、当初は乗り入れの計画もあり14・15番線の線形にその名残を留めている。  地下ホームから総武快速線・横須賀線、やや離れた場所から京葉線が発着している。総武快速線・横須賀線ホームからは成田空港・銚子方面、京葉線ホームからは房総半島方面への特急列車が発着している。 品川駅 2003年(平成15年)10月、東海道新幹線の逼迫した輸送状況から、東京駅以外に折り返し設備を有する駅が必要とされて設けられた駅である。東海道新幹線の駅としてはもっとも新しく、当駅の開業で運転本数を1時間あたり11本から15本まで増発することが可能となった[7]。一方で、当駅の開業は1872年(明治5年)であり、日本で最初に鉄道が走ったときに設けられた駅でもある。駅名は品川であるが、品川区ではなく港区高輪に所在する。 新幹線乗り入れ直後は「ひかり」・「のぞみ」に通過列車があったが、2008年(平成20年)3月15日のダイヤ改正ですべての列車が停車するようになった。東海道本線、山手線、京浜東北線、横須賀・総武快速線の各列車との乗換駅であり、東海道新幹線から山手線西部の渋谷や新宿・池袋などへのアクセスに利用される。京浜急行電鉄本線とも接続し、羽田空港や川崎方面へのアクセスも可能である。


新横浜駅
在来線の横浜駅とは離れた場所に作られた。JR東日本の横浜線、および横浜市営地下鉄ブルーラインと連絡しており、両路線を介して横浜市の中心部へのアクセスが可能となっているほか、町田市や八王子市などの東京都多摩地区へのアクセスにも利用される。当初は「ひかり」・「のぞみ」に通過列車があったが、2008年(平成20年)3月のダイヤ改正ですべての列車が停車するようになった。

 

名古屋駅
東海道本線・中央本線(中央西線)・関西本線の各路線と接続する。中央本線経由で長野、松本方面や東海道本線経由で高山本線へ、関西本線経由で参宮線や紀勢本線へ乗り入れる快速・特急列車も発着している。また名古屋市内各地へ向かう地下鉄や、もと貨物線であった西名古屋港線(あおなみ線)が乗り入れており、私鉄では中部国際空港や愛知県・岐阜県各地へ向かう名古屋鉄道名古屋本線の名鉄名古屋駅、三重県伊勢志摩地方や大阪方面へ向かう名古屋線の近鉄名古屋駅とほぼ同一駅となっている。

 

京都駅
在来線は西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄となっており、各路線とも京阪神都市圏のアーバンネットワークとして位置づけられている。東海道本線・山陰本線・奈良線が接続しており、東海道本線の京都駅 - 米原駅間には琵琶湖線、京都駅 - 大阪駅間にはJR京都線、山陰本線京都駅 - 園部駅間には嵯峨野線の愛称が付けられている。湖西線の列車も東海道本線を介してこの駅に乗り入れている。また北陸方面(湖西線経由)や北近畿方面、関西国際空港方面へ向かう特急列車が発着している。 JR以外では、嵯峨野線とともに京都市内各地へのアクセス路線となっている京都市営地下鉄烏丸線や、奈良へ向かう近鉄京都線との乗換駅となっている。近鉄京都駅は奈良・伊勢志摩・橿原神宮前方面へ向かう近鉄特急の発着駅にもなっている。

 

新大阪駅
大阪市の北部に位置し、1964年(昭和39年)の東海道新幹線の終点駅として、東海道本線との交差位置に設けられた。1972年(昭和47年)より山陽新幹線の起点駅となり、1987年(昭和62年)の国鉄民営化によってJR西日本との共同使用駅となった。当駅では東海道・山陽両新幹線の列車がそれぞれ折り返すほか、直通列車も運転されることから、4面7線の広い構内を持つ。 東海道本線(JR京都線)のほか大阪市営地下鉄御堂筋線も連絡しており、ともに大阪市内や大阪府北部地域へアクセスしている。在来線長距離列車は、開業時より北陸方面や山陰方面への特急列車が発着しているほか、1989年(平成元年)からは和歌山・南紀方面の特急列車も当駅への乗り入れを実施。さらに、1994年(平成6年)には関西国際空港の開港に合わせ同空港へのアクセス特急「はるか」が設定されるなど、各方面に対し新幹線との接続が図られている。

 

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(2012年2月7日現在の記述)

らくちん!!検索方法

※同一路線の複数買取について
同一路線の新幹線回数券の複数買取は路線ごとの
最大買取冊数までは同一レート。
最大買取冊数を超える場合は、左記買取率から
1%ダウン。

【買取例】新宿~甲府 買取率 98%(最大5冊) の場合

新宿~甲府 10冊
お買取:98.0%×5冊+ 97.0%×5冊


C制(クレジットカードで発券)回数券OK
新幹線回数券の確認の仕方
発券日を確認して下さい
表紙も同封して下さい

新幹線回数券の買取の注意事項

■新幹線回数券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および新幹線回数券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■新幹線回数券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は新幹線回数券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の新幹線回数券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ