伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券を高価買取します。

伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券
伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券
3枚綴り1セット
詳細はこちら
伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券
伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券

(2013年7月30日現在のデザイン)



伊豆シャボテン公園

伊豆シャボテン公園(いずシャボテンこうえん)は、静岡県伊東市富戸にある動物とサボテンを中心としたテーマパーク(動・植物園)。


沿革

伊豆シャボテン公園は1959年(昭和34)10月開園。サボテンや多肉植物を集めた温室があり、カンガルーや野鳥・カピバラなどの動物や鳥類なども飼育されている。

カピバラの飼育舎には温泉が引かれていて、カピバラの入浴がみられる。

伊豆シャボテン公園は半獣半鳥の荒原竜の像がシンボル。特撮作品のテレビ・映画のロケ地に良く使われる場所であり、小学生の学校行事である移動教室で訪れる旅行先などとしても有名である。

1964年以来、園内にはリスザルが放し飼いにされ、樹木の害虫駆除を担っている[4]。

伊豆シャボテン公園グループ

姉妹園として伊豆ぐらんぱる公園[5](富戸1090)と伊豆海洋公園[6](富戸841-1)がある。他に、伊豆海洋公園内に、伊豆四季の花公園(富戸841-1)[7]、伊豆ぐらんぱる公園に、伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーと(富戸1090)[8]がある。


チンパンジー

伊豆シャボテン公園にはピンキーちゃん(メス2002年9月12日)などがいる。特技は竹馬。学習発表会を行う。[9]

アニマルトレーナー堤 秀世(園長と名誉園長を勤め、2013年引退)などにより、1981年からチンパンジーのショーが行われる。人工飼育のチンパンジーの群れ復帰も行う[10][11][12]。


カピバラ

伊豆シャボテン公園のカピバラは露天風呂に入るが、これは、園が『元祖』と、静岡新聞が紹介する[13]。伊豆シャボテン公園は1982年の冬に、飼育員が飼育舎の清掃にお湯を使った際、偶然、小さなお湯だまりにカピバラたちが集まって手足やおしりをつけて気持ちよさそうにしている姿を目撃して以来、カピバラの幸せのためにカピバラたちの入浴を毎年行う[14]。これが『冬の風物詩』となった[13][14]。ゆず湯なども行い、また入浴はカピバラが満足するまで行う[13]。園のマスコットキャラクターはカピバラ(2頭)で、「カピーバ」と「カピーナ」という名である。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/7/30現在 Copyleft(c)



伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券の買取の注意事項

■伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の伊豆シャボテン公園・伊豆ぐらんぱる公園・海洋公園 招待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ