神奈川中央交通(神奈中)回数券を高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページバスカード買取表 > 神奈川中央交通(神奈中)回数券買取表

神奈川中央交通(神奈中)回数券 金券買取価格表

金券 - バスカード 買取価格
神奈川中央交通(神奈中)回数券
神奈川中央交通 回数券 1,100円
(10円×110枚)綴り
詳細はこちら
神奈川中央交通 回数券 1,100円
(90円×10枚・10円×20枚)綴り
詳細はこちら
神奈川中央交通 回数券 3,360円
(170円×19枚・10円×13枚)綴り
詳細はこちら
神奈川中央交通 回数券
90円券 170円券 バラ
詳細はこちら
神奈川中央交通(神奈中)回数券
神奈川中央交通(神奈中)回数券買取表

(2011年12月10日現在のデザイン)



神奈川中央交通

神奈川中央交通株式会社(かながわちゅうおうこうつう)は、三浦や足柄を除く神奈川県の大部分の地域と町田市・多摩市などの東京都多摩南西部を中心に路線バスや貸切バスの運行を行っている小田急グループのバス会社。通称神奈中バス(かなちゅうバス)。

神奈川県バス協会と東京バス協会の双方に加盟しており、神奈川県内及び東京都南多摩地域の路線バスの他にも、東京駅・新宿駅からの深夜急行バスや、東京国際空港・成田国際空港への空港連絡バスを運行する。かつては横浜・町田・本厚木などから近畿地方各地や盛岡駅への高速バス路線があった。

2011年(平成23年)3月31日現在での車両規模は2,091台で、バス専業の事業者としては日本一の規模を有する。1989年時点では全営業収入の79.4%が乗合自動車業による収入であったことなど、バス事業の収入比率が極めて高いことが特徴とされていた時期もある。


運賃の支払い方法

均一路線や多区間運賃区間などを抱えるため、幾つかの運賃支払い方法が存在する。

同一の路線でも往路と復路、ラッシュ時間帯とその他などで支払い方法が異なる場合もある。
前払い均一運賃 前扉から乗車して運賃を支払い、中扉から降車する。通常、運賃支払いは両替方式(横浜・舞岡・大和営業所の場合はつり銭方式)。
前払い多区間運賃 前扉から乗車して、降車停留所を申告し運賃を支払い、中扉から降車する。通常、運賃支払いは両替方式(横浜・舞岡・大和営業所の場合はつり銭方式)。 ほとんどの乗客が終点まで乗り通す系統での朝ラッシュ時にしばしば用いられている。また、均一路線周辺及び均一路線と周辺を跨ぐ路線でも用いられている。
後払い均一運賃 中扉から乗車し、降車時に運賃を支払い、前扉から降車する。運賃支払いは両替方式。
後払い多区間運賃 前扉から乗車し整理券を取り、降車時に運賃を支払い、前扉から降車する。通常、運賃支払いは両替方式。
ICカードの場合は、乗車時にカードを前扉横のカードリーダーにタッチする。この際に整理券番号の情報が記録される。その後降車時に再びカードを運賃箱のカードリーダーにタッチする。
後払い多区間運賃(伊勢原営業所の場合) 中扉から乗車し、中扉に設置された整理券発行機から整理券を取る。降車は上記と同一。
ICカードの場合も中扉に設置されたカードリーダーにタッチする。この際に整理券番号の情報が記録される。降車は上記と同一。

後払いで起点から1運賃区間(整理券なし)の停留所で乗車の場合は、整理券を取る必要がない(カードに整理券番号の情報を記録する必要がない)ため、 整理券発行機・カードリーダーのない車両でも『しめきり』と表示してある中扉から乗車する事が少なくない。
このため、後払い路線において途中停留所からICカードをタッチせずに乗車し降車時にそのままカードをタッチしたり、 乗車の際運賃箱のカードリーダーにタッチした場合には、起点からICカードをタッチした停留所までの運賃が引かれてしまう。
停留所ポールの下部にある「ワンマンバス利用上のお願い」には乗り降り方法と運賃支払い方法が表で示されており、そこでも確認できる。

それぞれ「全線1区の区間」(上記の前払い均一料金)、「2区以上の区間」(上記の後払い多区間運賃)の利用方法を掲出している。

2区以上の区間の場合、乗り降り方法が「前扉から乗車して前扉から降車して下さい。」と掲出されているが、実際には中扉から乗車する事があるのは上記の通りである。
例外

例外として町71系統(町田バスセンター~中山駅北口)は、町田バスセンターから青葉台駅まで後払い(上記後払い多区間運賃の伊勢原営業所以外)、
青葉台駅から中山駅北口まで先払い(上記前払い均一運賃大和営業所の場合)で、町田~青葉台・青葉台~中山相互間を乗り通す場合、
乗車時と降車時で運賃支払い方法が異なってしまう。
これは青葉台駅~中山駅間が横浜市営バス・東急バスとの共同運行区間であるためである。
なお、この系統の乗車方法は以下の通り。
町田~青葉台→青葉台~中山方面 (乗車時は後払い→降車時は前払い) 前扉から乗車し整理券を取り(最初の一区は中扉から無券乗車)、青葉台駅到着時に乗車全区間の運賃を支払う。降車時は中扉からそのまま降車。
中山~青葉台→青葉台~町田方面 (乗車時・降車時ともに前払い) 上記の前払い多区間運賃制度の場合と同じで、前扉から乗車する際に降車停留所を乗務員に伝えてから運賃を支払う。降車の際は中扉からそのまま降車。
なお、これは神奈川中央交通により公式に発表されているものではなく、大和営業所や乗務員による一般的な取扱例である。

実際に乗車する際には、乗務員に確認を取ってから運賃を支払うのが望ましい。

しかし、同系統の運行回数が少ない事や青葉台駅で乗客のほとんどが入れ替わるなどの理由により、上記例外に遭遇する事は稀である。

また、他の例外として、平塚駅南口発着の循環線に始発乗車は後払い、途中乗車は先払いという混在した支払方法も存在する。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/21現在



神奈川中央交通(神奈中)回数券の買取の注意事項

■神奈川中央交通(神奈中)回数券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の神奈川中央交通(神奈中)回数券をお売りいただける場合)は神奈川中央交通(神奈中)回数券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■神奈川中央交通(神奈中)回数券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は神奈川中央交通(神奈中)回数券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の神奈川中央交通(神奈中)回数券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ