マックスバリュの株主優待券を高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページスーパー株主優待券買取表 > マックスバリュ西日本株主優待券 買取表

マックスバリュ株主優待券買取表

マックスバリュ西日本 (100円)


マックスバリュ西日本株主優待券買取表

(2012年3月26日現在のデザイン)


マックスバリュ西日本株式会社

マックスバリュ西日本株式会社(マックスバリュにしにほん)は、イオングループのスーパーマーケット運営会社である。本社は広島県広島市。

概要

イオングループの一員として環瀬戸内海地域(兵庫県・岡山県・広島県・山口県・香川県・愛媛県)および徳島県にてマックスバリュなどの小売店舗を展開する。元々は独立系のスーパーマーケットチェーンにジャスコが出資したことにより現在に至る(マックスバリュ東北同様)ものだが、イオングループ入り後も独立系チェーンに対してM&Aを行う、さらにはイオンリテールから店舗の譲受を行うなど複雑な経緯をたどっている。
ほかのマックスバリュ運営会社との対比にて「MV西日本」と略されることが多いが、NHKラジオ第二放送での株式市況では「マックスバリュ西」と略されている。
広島市への本社移転
2011年10月11日まで兵庫県姫路市に本社を置いていた。
2008年頃より本社移転について検討していたが、2010年9月に、マックスバリュ西日本が1年から2年以内に本社を広島市へ移転する方針である事を明らかにした[1]。理由として、姫路本社の耐震性の不安や、広島地区の発展性を考慮し決定した。その時点では、具体的な移転先については明らかにされていなかった。2011年6月9日の広島の地元新聞紙に、同年秋頃に2011年7月18日閉店の広島サティの建物内に、本社を移転の方針を固めたと報じられた[2]。そして、2011年7月16日に開催された取締役会で、同年10月上旬に広島イーストビル(旧広島サティ)5階[3]に本社を移転する事が決議された[4][5]。
2011年10月3日に、登記上本店所在地を、兵庫事務所がある『兵庫県姫路市三左衛門堀東の町121番地』に同日付で変更[6]。本店移転所在地名を『広島イーストビル5階』から『広島段原ショッピングセンター5階』に修正した。また、本社機能の移転日時を同月11日に修正した[7][8]。
2011年10月11日に業務を行う本社を広島市に移転。登記上本店も2012年5月の定時株主総会での議決を経て移転する。
広島市は、元々前身会社のひとつ『みどり』が本社を置いていた地であった。

店舗ブランド

マックスバリュ、マックスバリュエクスプレス、マックスバリュグランド

マックスバリュはイオングループが全国並びに海外に展開しているスーパーマーケット。 店舗面積2000m2以上のスーパー・スーパーマーケット(SSM)店舗と、店舗面積1000m2規模のスーパーマーケット(SM)店舗が存在する。 スーパーマーケット(SM)に分類される店舗のうち特にコンパクトサイズの都市型店舗には「マックスバリュエクスプレス」の呼称を与えている。同名の店舗はマックスバリュ関東(旧イオンリテール)が2009年から展開した店舗に引き続くもの。 従来のマックスバリュから一層の品揃えを強化した大型店舗には「マックスバリュグランド」の呼称を与えている(1号店はマックスバリュグランドイオンタウン姫路店で2011年2月26日オープン、直営売場面積約2,415m2)。

ウエルマート

ウエルマートはコンビニエンス・スーパーマーケット(CSM)に分類される小規模店舗で、売場面積などでマックスバリュの掲げる条件に満たないゆえに、改称がなされていないままの店舗である(例外として広中央店はCSM店舗だが、店名は「マックスバリュ」である)。 現在「ウエルマート」の店舗があるのは当社とマックスバリュ東北の一部地域のみとなっている。

ザ・ビッグ、ザ・ビッグエクストラ

ザ・ビッグ上板店(旧メガマート跡地) ザ・ビッグは衣食住全般を扱う日用品メインのディスカウントストア。衣料品では実用衣料、食品では生鮮食品が主力となっており、スーパーセンターよりは小規模な店舗として、マックスバリュ西日本ではこの店舗形態自体を「ビッグ (BIG)」と称している(イオングループにおける元々のディスカウントストアブランドであるメガマートとの棲み分けの意味もある)。 これまでは旧・みどりから続く当社の独自店舗ブランドで、マックスバリュ西日本移行後はマックスバリュへの業態転換などで店舗数が減少傾向であったが、近年は消費傾向の変化もあって逆にザ・ビッグの店舗展開が進んでおり、2008年から他のイオングループ運営会社でもジャスコ・メガマートなどの業態転換により同名の店舗展開を開始している。 なお、2010年9月に開店した国分寺店は当初マックスバリュとして計画されていたものを完成間際にザ・ビッグに変更したため、売場面積が狭く、衣料品・家庭用品は全く取り扱っておらず、日用品も1列しかない。 徳島県では、当時のジャスコが核テナントだった徳島リバーシティ閉店後、マルナカがイオングループ入りする[11]までは、ショッピングセンター業態による店舗は、ザ・ビッグ2店舗が残るのみであった(ともにイオンタウン(旧ロック開発)によるショッピングセンターに核テナントとして入居しており、かつマックスバリュから業態転換した店舗であることが共通している)。 従来のザ・ビッグから一層の品揃えを強化した大型店舗には「ザ・ビッグエクストラ」の呼称を与えている(元々はイオンビッグ(旧イオンリテール)が単体で運営していた店舗ブランドだったが、新規店舗であるエクストラ萩店の開業により当社でも事業展開を開始)。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012/3/26現在



マックスバリュ西日本株主優待券の買取の注意事項

■マックスバリュ西日本株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびマックスバリュ西日本株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■マックスバリュ西日本株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はマックスバリュ西日本株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のマックスバリュ西日本株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ