スリーエフ の株主優待券を高価買取します。

スリーエフ 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - その他 買取価格
スリーエフ 株主優待券
スリーエフ 詳細はこちら

スリーエフ 株主優待券 ※参考


スリーエフ 株主優待券 画像

(2011年10月25日現在のデザイン)


 

スリーエフ

スリーエフ、神奈川県横浜市に本社を置く日本のコンビニエンスストアである。


概説

「スリーエフ」は、スーパーマーケット「Fuji」の株式会社富士スーパー(現・株式会社富士シティオ)が、1979年(昭和54年)8月にコンビニエンス事業としてはじめた。1979年(昭和54年)11月に、神奈川県横浜市磯子区に1号店・栗木店を出店。南関東に店舗展開をしている。1981年(昭和56年)2月には、株式会社スリーエフを設立して、分社化した。

2001年(平成13年)3月に、四国でホットスパーを展開していた株式会社サニーマートとエリアフランチャイズ契約を締結。ホットスパーをスリーエフに転換する形で、四国での店舗展開も行っている。株式会社サニーマートのスリーエフ事業は、2005年(平成17年)に株式会社スリーエフ中四国として分社化している。

本部は神奈川県横浜市中区日本大通17番地にあり、かつてはいしだあゆみの『ブルー・ライト・ヨコハマ』を引用しながら「ヨコハマ生まれのコンビニ」と宣伝していた時期があった。現在、CMでもおなじみのキャッチフレーズは「星より明るく、スリーエフ」。

株式会社スリーエフの直営・フランチャイズ展開する店舗は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県。店舗数は、2008年(平成20年)3月31日現在で657店舗(四国地域のエリア・フランチャイズ除く)。エリアフランチャイジーである株式会社スリーエフ中四国の直営・フランチャイズ展開する店舗は、高知県、愛媛県、徳島県(海部郡海陽町の1店舗のみ)にある。

店舗フォーマットは標準型店舗である「スリーエフ」の他、インストア・ファーストフード強化型店舗「Gooz(グーツ)」、生鮮食品強化型店舗「q's mart(キューズマート)」の3種類が存在する。


歴史

  • ・1951年 個人商店「荏原屋食料品店」1号店を開店。その後、スーパーマーケット、ショッピングセンターへと事業を拡大した。
  • ・1979年11月 富士スーパー(現在の富士シティオ)の事業部としてコンビニエンスストア事業に進出。1号店の栗木店(横浜市磯子区)開店。
  • ・1981年3月1日 スリーエフを設立。
  • ・1982年4月 フランチャイズ1号店の野毛店(横浜市中区)開店。
  • ・1989年6月 総店舗数が100店達成。
  • ・1992年8月 EOB(電子発注システム)導入。
  • ・1992年4月 総店舗数が200店達成。
  • ・1994年2月 総店舗数が300店達成。
  • ・1995年8月 総店舗数が400店達成。
  • ・1996年3月 第一次T-TIMES(経営総合情報システム)本格稼動開始。
  • ・1997年7月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
  • ・1998年2月 「川崎南町店」(神奈川県川崎市川崎区南町)を出店し、総店舗数が500店達成。
  • ・2000年7月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • ・2000年10月 スリーエフ・オンライン㈱を設立。
  • ・2001年2月 総店舗数が600店達成。
  • ・2001年3月 四国4県について株式会社サニーマートとエリアフランチャイズ契約。
  • ・2001年8月 第二次T-TIMES本格稼動開始。
  • ・2003年6月13日 出光興産と共同で、ガソリンスタンドとコンビニの融合店舗を埼玉県東松山市に出店。
  • ・2004年2月19日 「Gooz」実験店オープン(神奈川県横浜市中区日本大通15)
  • ・2004年11月30日 横浜市内の4店舗でSuicaの使用を開始。
  • ・2005年 サニーマートがスリーエフ部門を「株式会社スリーエフ中四国」として分社。
  • ・2006年5月20日 「Gooz」(グーツ)渋谷3丁目店開店。
  • ・2005年5月27日 q's mart(キューズマート)1号店が東京都世田谷区に開店。
  • ・2008年2月 首都圏の全店にSuica端末設置。
  • ・2008年3月 第三次T-TIMES本格稼動開始。
  • ・2008年7月8日 高速道のSA、PAへの初出店として、Gooz Express - 圏央道狭山PA(内回り)開業。
  • ・2008年12月15日 Tポイントと提携開始。Tカードの発行を開始。
  • ・2009年2月26日 全店で後払い式ケータイクレジットiDを全店で利用可能になる。
  • ・2009年(平成21年)5月11日 公官庁への初出店として、横浜市庁舎店開店。
  • ・2010年2月15日 関東地区の全店で全店でEdy取扱い開始。
  • ・2010年9月1日 スリーエフ中四国がミニストップと四国地区に於いて業務提携。スリーエフ中四国は香川県に店舗を持たず、ミニストップは高知県に店舗を持っていないことから提携が実現した。
  • ・2011年2月3日 スリーエフBake&Book&Cafe(スリーエフBBcafe)が開店。事前の告知では2月10日であったが2月3日に開店した。(神奈川県座間市相武台3-4851-1)
  • ・2011年7月29日 ミニストップと定温商品の共同配送事業と有事における相互支援体制に関する業務提携を締結。

独自のサービス

  • ・e-TOWER - トヨタ自動車が運営するマルチメディアステーション端末。ファミリーマートの「Famiポート」と同型だが色は赤で、利用できるコンテンツもやや異なる。首都圏の店舗のみ。(2007年2月末をもってサービス終了)
  • ・Suica - 2004年11月30日から日本大通店、神奈川県庁前店、中区山下町店、横浜情報文化センター店、エドモント店(ホテルメトロポリタンエドモント内)の5店舗で利用できるようになった。また、2006年秋には首都圏の全店舗で導入予定だったが大幅に遅れ、2008年2月に導入を完了。
  • ・Edy - 2006年8月1日から四国のスリーエフ全店舗でEdyが利用できる。さらに2010年2月15日から、関東の店舗でも利用可能になり、全店対応した。「Edyチャージャー」も全店舗に設置する。
  • ・2009年2月26日から三井住友カードとNTTドコモの共通後払いシステムiDを関東圏のほぼ全てに導入した。
  • ・銀行ATM
    ・首都圏の店舗では、下記のいずれかを設置。
    ・イーネット - コンビニATM。
    ・タウンネットワークサービス - スリーエフとスルガ銀行が共同で設置しているコンビニATM。イーネットと違い、スリーエフ独自展開でスルガ銀行が管理。最近では、今までのイーネットのATMを撤去し、スルガ銀行が管理するタウンネットワークサービスATMへ切換している模様。ATMを利用する場合、要注意。
  • ・四国の店舗では、下記のいずれかを設置。
    ・イーネット - 共同コンビニATM(四国銀行管理:高知県内に5店舗)。
    ・高知銀行 - 室戸店。
    ・JAバンク - 伊野波川店。

関連会社

  • ・富士シティオ
  • ・スリーエフ中四国
  • ・湘南ベルマーレ


2011/10/24現在 Copyleft(c)



スリーエフ株主優待券の買取の注意事項

■スリーエフ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびスリーエフ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■スリーエフ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はスリーエフ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のスリーエフ 株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ